ハケンの知識

ハケンの知識
  • 派遣・紹介・紹介予定派遣・委託請負(契約社員)など

    一般的な労働契約と派遣契約の違いは、「雇用関係」と「指揮命令関係」が分離している点にあります。派遣スタッフと雇用契約を結ぶのは、派遣スタッフを受け入れる企業ではなく派遣会社です。正社員、契約社員とは異なり、派遣スタッフへの給与の支払いは、派遣会社がおこないます。

  • 雇用形態別メリットデメリット

    ご自身にあったお仕事に就くためにも、派遣のメリットとデメリットを、きちん理解することが大切です。
    まずはメリットとデメリットを知り、派遣という働くスタイルを紐解いていきましょう。

  • 税金・確定申告・扶養控除の基礎知識

    所得税は、所得に対して課税される国税で、確定申告の対象になります。また、住民税は都道府県や市区町村へ納付される地方税です。
    所得税は、その年の1月1日から12月31日迄の所得を概算、先払いで徴収され、実際に働いて算出された所得税額の差額分を、年末調整や確定申告で調整し清算します。

  • 社会保険・雇用保険・労災保険

    ◇社会保険って? 病気やケガをしたとき病院に支払われる、医療費の自己負担を軽減する「健康保険」と、現在65歳からとなる老後の年金のための「厚生年金保険」、この2つの保険をあわせたのが『社会保険』です。 正社員はもちろん、派遣社員も条件を満たしていれば、社会保険への加入は可能、むしろ義務でもあります。

  • 有給休暇・健康診断

    有給休暇でモチベーションアップ!「派遣でも有給休暇はあるの?」→「あります」「有給」「年次」「年休」など、会社によって呼称は異なりますが、年次有給休暇は派遣社員にも条件を満たしていれば給付されます。

  • 身だしなみチェック

    人との出会いが多く、面接の機会も多い派遣スタッフにとって、好感度の高い第一印象であることは大切なポイントのひとつ。高い意識のあらわれとして、大きなチャンスをつかむ可能性も。そのためには、身だしなみを整えマナーを心得ることが必須です。

  • 無期雇用や登録型派遣などの雇用形態、契約の種類について

    派遣社員の契約の種類は主に三つに分けられます。その一つが登録型派遣です。登録型派遣とは、派遣会社にあらかじめ登録しておき、その会社から仕事を案内されて就業先が決定したら派遣元と雇用契約を結ぶ形態のことです。

  • 派遣会社が負う派遣社員や派遣労働者の安全配慮義務とは

    安全配慮義務とは、従業員が安心して働くために使用者が労働者に対して負う義務として定められたものです。従業員が安全かつ清潔な労働環境で働くことを目指しており、この義務は労働契約法第5条にて定められており、この義務を怠り、労働者になんらかの損害が発生した場合は、使用者が労働者に対して賠償責任を負います。

  • 派遣社員の産休制度について

    安全配慮義務とは、従業員が安心して働くために使用者が労働者に対して負う義務として定められたものです。従業員が安全かつ清潔な労働環境で働くことを目指しており、この義務は労働契約法第5条にて定められており、この義務を怠り、労働者になんらかの損害が発生した場合は、使用者が労働者に対して賠償責任を負います。

  • 派遣社員の育児休暇について

    育児休業は、育児を行う労働者が休業できる制度です。1991年に制定された育児介護休業法という法律で定められています。対象になるのは1歳未満の子どもを育てている労働者です。入所できる保育所が見つからないなどの事情がある場合には、子どもが1歳6ヶ月になるまで延長することもできます。

  • 派遣社員の介護休暇制度について

    介護休暇制度とは、病気やケガ、高齢などの理由から家族に介護が必要な場合に取得できる休暇です。対象家族が1日つき年5日間、複数人の場合は年10日間取得可能です。介護休暇は半日単位で取得することが可能で、食事介助や排せつなど直接的に行う介護以外にも、買い物や病院の送迎、書類の手続きなど際にも利用できます。

  • 厚生労働省が推奨する派遣社員のメンタルヘルスケア、ストレスチェックの実施について

    近年、仕事においてストレスや不安を抱えている労働者はどんどん増えているとされます。ストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレス状況において検査行い、ストレスにういて個人が早く気付くことで、メンタルヘルス不調のリスクを低減させるために作られました。

  • 派遣社員のキャリア形成支援制度について

    キャリア形成支援とは派遣社員のキャリアアップを後押しするために改正労働者派遣法にて定められた制度です。派遣会社は派遣社員に計画的な教育訓練を実施することが義務付けられました。これは派遣会社が雇用する全ての派遣社員に対して実施されます。

  • 派遣社員の雇用安定措置について

    雇用安定措置は、派遣元対して課される措置で「同一の組織単位に継続して3年間派遣される見込みがある方に、派遣終了後の雇用を継続される措置」の事です。派遣労働法の改正によって「派遣社員が同一の派遣先で働ける期間は3年」という上限が設けられましたが、雇用安定措置はその上限を超えても働きたいと派遣社員が希望した時、派遣元がこの安定措置を講じる義務が生じます。

  • 派遣の無期転換ルールについて

    派遣労働の多くは期間の定めのある「有期労働契約」です。例えば登録型派遣は、派遣労働者が派遣元に登録のみをしておき、派遣先が決まったら派遣元と派遣労働者が有期雇用契約を結ぶスタイルです。派遣労働者は派遣元から就業先に派遣され、派遣先での仕事が終了したら派遣元との有期労働契約も終了となります。

  • 派遣法改正に伴う3年ルール。派遣会社及び雇用先の対応について

    2015年の労働者派遣法改正後、すべての業務で「同じ派遣先の同じ組織(課やグループなど)で働けるのは3年まで」というルールができました。これを一般的に派遣の「3年ルール」といいます。引き続き同じ派遣先の同じ部署で働きたい場合は派遣社員ではなく、正社員・契約社員など雇用形態を切り替えないと働くことができません。

  • 派遣社員として働く上で最低限知っておくべき法律

    雇用の安定を図るために、2015年に労働者派遣法が改正されました。その内容は、派遣会社が同一の派遣先企業へ3年以上継続して労働者を派遣する場合に関して制限の創設です。事業所単位の制限と、労働者個人単位の制限があります。

  • 直接雇用についての1年以内の派遣の禁止ルール

    直接雇用とは派遣先の企業と直接雇用関係を結ぶことです。派遣先から直接雇用の申し込みがあった場合に、双方が納得すれば直接雇用に切り替えることもできます。派遣社員にもメリットがあるため、派遣社員の方が全て直接雇用に切り替える訳ではありません。

  • 派遣社員の社会保険や年金の加入、契約義務について

    社会保険とは「雇用保険」「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」「雇用保険」「労働者災害補償保険」を総称したものです。派遣社員でも加入条件を満たしていれば社会保険に加入できます。各保険の加入条件は以下のようになります。健康保険は私傷病や出産などに対して保険給付を行うことが目的です。

  • 派遣社員の退職時の任意継続制度と国民健康保険への切り替え

    派遣社員の多くは派遣元企業で健康保険に加入しています。派遣社員として働いている間は、健康保険料の半額を給与から天引される形で負担し、残りの半額を派遣元企業が負担する仕組みです。そして契約期間が満了して退職する場合には、派遣元企業と雇用関係がなくなるため、健康保険も通常は抜けることになります。

PAGE
TOP