派遣社員の産休制度について

派遣社員の産休制度について

産前産後休業(産休)の概要

産前産後休業(産休)の概要

産休については労働基準法に規定されており、出産を控えた女性労働者は出産予定日の前6週間と出産後8週間は休業できます。企業によっては自主的にこれ以上の期間を定めている場合もありますが、基本的には「産前6週間・産後8週間」と覚えておきましょう。

双子など複数の子どもを妊娠した場合は出産予定日の前14週間まで休業することができますが、産後8週間の規定については1人産んだときでも複数の子を出産したときでも変わりはありません。なお、出産日当日は「産前6週間」に含まれます。

産前は任意・産後は強制

産前6週間の休業をするには本人の請求が必要です。そのため、もし本人が「産前ギリギリまで働きたい」と考えている場合は、本人が請求しなければ希望に応じた期間は働くことが可能です。一方、産後の8週間については本人の意思に関わらず必ず休まなければならないと定められています。例外として、産後6週間を経過した女性が働きたいと事業主に請求した場合は、医師によって支障がないと認められた業務であれば就業させても差し支えないとされています。つまり産後に職場復帰するには最短でも6週間かかります。「産前は本人の請求で休むことができ、産後は強制的に休業となる」点は大きな違いなので覚えておきましょう。

産休中の収入

産休期間の賃金については法律による規定がありません。このため就業規則の内容に従うか、使用者と労働者が話し合って決めることになります。「産休中は無給」と定めている企業も多いです。ただし健康保険に加入していれば、健康保険組合から「出産手当金」が支給されるケースがあります。出産手当金の金額は、産休で休んだ日1日について「標準報酬日額の3分の2に相当する金額」とされています。

準報酬日額とは、簡単に言えば過去1年の平均月収を30で割って算出した金額です。その人の平均的な日給と言い換えてもいいでしょう。仮に産休で産前6週間+産後8週間休んだ場合、98日分の日給の3分の2が支給されることになります。派遣社員が出産手当金を受け取りたい場合は、加入している健康保険組合か派遣会社に相談して手続きをする必要があります。出産手当金は妊婦の生活や出産、そして子育てに必要なお金となるので、忘れずに受け取ってください。なお、国民健康保険には出産手当金の制度がないので注意が必要です。

 

派遣社員でも産休は取得できるのか

結論から言えば、派遣社員でも産休を利用できます。産休は会社の許可を取って行うものでもなければ、就業規則で定められるものでもありません。労働基準法という法律によって労働者に与えられた権利です。派遣労働者も労働者である以上、その恩恵を受けられます。さらに言えば、派遣社員だけでなくパートやアルバイトの人にも産休を取得する権利があります。会社が労働者から産休の申し出を受けたにも関わらず、それを拒否して労働者を働かせたり労働者に不利益な扱いをしたりすると、法律違反となって罰金や懲役の対象となります。もし産休の取得を拒否された場合は、派遣元や労働基準監督署などに相談するといいでしょう。

正社員と違う部分もある

正社員など企業に直接雇用されている人の場合、産休中および産休終了後30日間は産休を取得した労働者を解雇してはならないという法律があります。しかし派遣社員は派遣先に「雇用」されているわけではなく、あくまでも「契約」によって勤務しています。産休中に契約期間が満了してしまった場合、期間満了に伴う契約の終了は解雇ではないため、雇止めを行っても法律違反とはなりません。もし雇止めされてしまった場合、産休後に同じ派遣先に復帰するには再契約を結ぶ必要がありますし、契約してもらえずに復帰できない可能性も高いです。

産休期間と契約終了日が重なる場合はどうなる?

産休中に契約終了を迎える人は派遣元である派遣会社に相談してください。派遣会社が直接雇用に切り替えてくれることもあるので、その場合は比較的安心して産休を取ることができます。

 

派遣社員が産休を取得できる条件は1つだけ

派遣社員が産休を取得できる条件は1つだけ

産休の取得は労働者の権利ですが、無条件で取得できるわけではありません。しかしその条件は極めて簡単なもので、「産休に入る時点で働いていること」のみです。ただし正社員はともかく、派遣社員やアルバイト、パートの人などはこれがネックになる可能性があります。派遣社員の場合、出産予定日の6週間前、つまり42日前までが契約期間に含まれていなければ産休を取ることができないのです。ここで懸念されるのが契約の打ち切りです。

派遣先に妊娠を報告した後、産休に入る前までに契約更新を打ち切られてしまうと失業となってしまいます。失業してしまうと「産休に入る時点で働いていること」という産休取得の条件が満たせなくなり、産休を取ることができません。妊娠を理由に労働者に不利益な扱いをすることは法律で禁止されていますが、適当な理由をつけられて契約を打ち切られる可能性はゼロではありません。もし派遣先から契約を打ち切られた場合でも、派遣元に直接雇用してもらえれば産休を取ることができるので、相談してみることが大切です。

 

派遣社員が産休を取得・申請するメリット

具体的なメリットを以下にまとめていきます。

正社員と同じように休める

産前休業は派遣元や派遣先の就業規則などに関係なく取得することができますし、産後休業は強制的に行わなければなりません。派遣社員だからと言って正社員と区別されることはなく、正社員より短い期間しか休めないということもありません。自分の権利をしっかり請求すれば問題ないので、「派遣社員だから気まずい」などと気後れしなくても済みます。

出産手当金を受け取れる

健康保険に加入していれば前述のように出産手当金をもらうことが可能です。収入は3分の2程度に目減りしてしまいますが、お金をもらいながら休むことができるのは大きなメリットです。

社会保険料の免除を受けられる

普段天引きされている社会保険料ですが、産休中はこの支払いが事業者・労働者ともに免除され、社会保険の資格自体は継続できます。資格が存続するということは、出産を機に退職した場合と比べて将来の年金受給額が多くなるということです。お金を支払わなくとも将来の年金受給額を増やせるのは大きなメリットです。

出産育児一時金を受け取れる

健康保険に加入していない場合でも、国民健康保険に加入していれば子ども1人につき約42万円の「出産育児一時金」を受け取ることが可能です。出産費用と育児費用に回すことのできるお金なので、ぜひ受け取っておきましょう。出産手当金、社会保険料免除、出産育児一時金は産休時に受給できるものですが、産休を取得するだけで自動的に付与されるものではありません。手続きについては派遣元または加入している健康保険組合などまで問い合わせてください。

 

派遣社員が産休を取得・申請するデメリット

産休の取得はメリットばかりではありません。派遣社員にとってはデメリットとなる場合もあるので、いざというときに困らないように以下で確認してください。

元の職場に復帰できない可能性がある

既に述べたように、産休時に契約期間が終了すると元の派遣先に戻れないことがあります。就業中の派遣先が気に入っている場合、残念な結果になってしまうかもしれません。もちろん問題なく産休前の派遣先に復帰できることもあるので、産休を取得するときに派遣元や派遣先とよく相談し、調整を行うことが大切です。

派遣会社の理解がないこともある

派遣会社によっては産休についてあまり理解がなく、産休時に直接雇用に切り替えるなどの措置を取ってくれず、結果として失業してしまうこともあります。もちろん多くの派遣会社は誠実に対応してくれますが、産休自体を認めないというコンプライアンスに問題のある会社がまだ存在している可能性もゼロではありません。そういった会社には毅然とした態度で接する必要がありますが、当然の権利である産休を認めてもらうために手間と時間をかけるのは生産的ではありません。派遣会社をしっかり選ぶことでこういった事態を防ぐことができるので、派遣会社の選択は慎重に行ってください。

参考サイト

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/31.pdf
http://www.pref.fukui.jp/doc/roudouiinkaijimukyoku/qa/qa31.html
https://www.mykomon.biz/ikuji/bosei/bosei_kyuka.html
http://www.office-nabe.com/news/maternity-leave/
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/birth/4.html
https://www.roudou.net/ki_sanikukaigo.htm
https://work-mother.com/maternityleave/temp/
http://hajimete-haken.com/?p=32#i-2
https://tsumurinote.com/maternity-leave-for-temp/#toc1
https://www.randstad.co.jp/careerhub/worklife/20160808.html

 

PAGE
TOP