ITエンジニア・医療介護・事務の人材派遣! 株式会社クリエイト・マンパワーサービス

  • オンライン登録
  • お仕事検索

研修制度について

身だしなみは人的魅力をあげる第一歩。

身だしなみチェックコンテンツ

ヘアスタイル

MAN
  • 男子たるもの、茶髪・ロン毛は基本NG。
  • 寝癖や、寝癖のようなヘアセット、デザイン性の高過ぎるヘアスタイルや、ワックスで決めすぎるのもNG。
  • 襟足もスッキリ清潔に。フケが出ているなんてイケてない。
MAN
  • 男性同様茶髪はNG。カラーはあくまでナチュラルに。
  • ロングヘアはすっきり束ねて清潔感をアピール。
  • おじぎをした時などに顔にかからないヘアスタイルを。
  • 眉毛・目元が相手に見えるほうが好印象です。
  • パーマをかける際は、清潔感が損なわれないよう。

スーツ

  • いかにも面接のために借りてきました感はNG。自身の体型にマッチしたスタイルであることが大切。
  • 色味は落ち着いた黒・膿紺・濃グレー。
  • シワ、ほつれ、汚れがないかをチェック。
  • 新品のスーツには仕付け糸が。取り忘れないように。
  • 面接時、上着のボタンはかける。
MAN
  • ズボンの折り目はきっちりと。
  • 上着も同様にプレス感が大切。
MAN
  • スカートの場合、裾のほつれやまくり上がりに気をつけて。
  • スカート丈は、座った時に膝にかかるくらい。

コート

  • コートは基本、建物内に入った時点では脱いで、埃の付着する外側を折り込み手持ちがマナーです。
  • とはいえ、派手な色や特殊な素材は避けましょう。
  • 長過ぎるものよりはハーフ丈がベーシック。身長や体型に合わせて。
  • スーツの上から着衣するものだから、薄手のトレンチスタイルがおすすめ。
  • ベルト付きのモノは、着衣の際はきちんと締めるほうがよいでしょう。
  • ライナー着脱式の3シーズン活用タイプであれば着回せて便利。

シャツ

  • 面接にあたっては基本、白シャツがマスト。
  • 襟付きのものがよい。
  • ボタンはきちんと上まで閉じる。
  • 襟首の汚れに注意。
  • インナーに白Tシャツ等を着用の際は、襟元から見えてないかチェック。
  • パリッとしたプレス感が大切。

ネクタイ

  • 男性のネクタイは、スーツに合った派手でないシンプルなデザインを。
  • 大柄の華やかなコントラストの強いデザインはNG。
  • 曲がり、ゆがみ、ゆるみ、結び目、長さに注意(上着のボタンはかける)

かばん

  • スーツと合った色味がよい。
  • A4サイズがスッポリ入るものを。
  • 床に置くことが多いので、しっかり立つものがベター。
  • いかにもブランド、というものは避ける。
  • 機能性を重視した使いがってのよいものを選ぶ。

時計・メガネ・アクセサリー

  • いわゆる「貴金属」にカテゴライズされるものだが、ビジネスシーンにおいて高級感は不必要。
  • 時計は時間が分単位で見やすい、シンプルなデザインのものを。
  • メガネのレンズが汚れているなんて御法度。きっちり磨いて。
  • ネックレス・ブレスレットの類いは基本着用しない。指輪は既婚者の結婚指輪くらい。着けるなら極々繊細で華美でないデザインのものを。男性はアクセサリー全般NG。

爪・手

  • 清潔感がはかられます。伸びた爪、汚れた爪はNG。
  • ささくれや手の荒れもマイナス要素。こまめにお手入れをしましょう。
  • 女性も長過ぎる爪やネイルアートは避けましょう。
  • ネイルを施すなら、透明感のあるナチュラルな色味のものを。

靴・靴下・ストッキング

  • 汚れた靴はもってのほか。きちんと磨きましょう。
  • かかとやヒールの減りにも気をつけて、メンテナンスを。
MAN
  • 靴は基本は黒。靴下もスーツと靴に合わせたダークカラーで。(白や色物、柄物はNGです)
  • 尖ったトゥなどデザイン性にとんだタイプではなく、プレーンなビジネスシューズで。
MAN
  • ビジネスシーンで生足は厳禁。自分の肌に合った自然なカラーのストッキングで。
  • 高すぎるヒールはNG。
  • 外出先での伝線に備えてストッキングは予備をかばんに忍ばせて。

  • 清潔感と健康的な肌状態も大切。日々のケアを怠らないようにしましょう。
MAN
  • 男性の整えすぎた眉はNG。好感度が低いようです。
  • ヒゲの剃り残しがないよう注意。
  • 長過ぎるモミアゲはビジネスシーンにはそぐわないでしょう。
MAN
  • 厚化粧はもちろんNGだけど、ノーメイクもよくありません。
  • 自身に合ったナチュラルメイクを心がけて。
  • 化粧くずれも印象を悪くする原因に。こまめなチェックも大切。

立ち居振る舞い・会話

  • 姿勢を正してキビキビとした動きを心がけましょう。
  • 靴の減り方で歩き方がわかります。正しい姿勢できちんと歩けているかチェックしましょう。
  • 面接シーンや取引先においては特に、おじぎの角度や所作に気をつけて。印象の持たれ方がかわります。
  • 話す時や聞く時は、相手の目を見るのが対人マナーの基本です。
  • 話を聞く際のあいづちも、きちんと間をとるように。
  • 話す時は、ハキハキと滑舌よく、用件を簡潔に伝えることが大切です。
  • 語尾をのばさない。流行言葉を使用しない。
オンライン登録